議会報告ASSEMBLY REPORT

2010.11.16 カテゴリ:平成22年9月定例会 救急医療について

 「救急患者を断らない医療体制の確立」に向けて、「県民が急病になったときどうすればよいのか」に答える仕組みや、救急車搬送時に適切な病院へ速やかに運ぶための方策について、どのような取り組みをされようとしているのか。

 

 

県では、急病時に24時間いつでもアドバイスを行う電話相談窓口を開設し、看護師等が電話相談に応じている。また、救急搬送については、適切な医療機関へ速やかに搬送するため、実効性のあるルール策定を今年中に行うよう取り組んでいるところ。このようなことに加え、高度医療拠点の整備や救急医療を担う医師確保などに取り組むことで、全体のシステムを確立して参りたい。

前のページヘ戻る

松尾いさお事務所

TEL:0746-34-5221